沖縄と千歳はアジア経済の拠点 10-The World is Flat

何故東京周辺には千五百万人以上の人口が集まっているのか、何故XX市には100万人が住んでいるのか? それなりの歴史的必然性がある。それでは2011年の世界の政治経済の状況から考えて現在の人口構成が理想的なものかとなれば、そうでは無く必ず理想と現状の間にタイムラグがある。正しい政治とは、そのタイムラグを小さくする、と言うよりも、将来の状況の変化を読み切り時代に先駆けた都市づくりの為のインフラ投資を整えることにあるだろう。

グローバル経済のことである。トーマスフリードマンがしつこいくらいに繰り返し述べている世界的な変化です。彼は米国政府が、その変化を十分認識していないと嘆いているが、日本政府はそれどころでは無い。米国政府が北京原人とすると日本政府は類人猿にもなっていないぐらい遅れている。

もうだいぶ前から企業の行動原理は国境を越えている=と言うことは日本企業の利害と日本国の利害は必ずしも一致しなくなってきている=と言うことは、海外企業の利害が日本国の利害と一致することもあると言うことだ。

日本国にとっての利害とは何か?それは多くのグローバル企業の拠点となることで雇用を確保し税収をあげられるかどうかである。海外企業にとっての利害とは何か? それは安全で効率よく利益をあげる事のできる環境(場所)がリーズナブルなコスト(=人件費、税金)で得られるかどうかである。

海外企業に対していかにすれば最善の環境と人材を、コストメリットのある形で提供する為の戦略を立てる必要がある。 

つまり、グローバル経済(=Flat World )においては、国家(政府)がビジネス感覚を持つことが求められているのだ。 グローバル経済においては、グローバル企業や世界の富裕層がどこに拠点をおくかが、国の繁栄の鍵になってくるのである。発展途上国はまず製造業を強化することであろうが、もし日本が本当の意味の先進国となりグローバル経済の中心となりたいのであれば、世界の中の高級商業地、高級住宅街として選ばれる為の努力が必要となる!?!?

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • レイバン サングラス

    Excerpt: 沖縄と千歳はアジア経済の拠点 10-The World is Flat Uranology沖縄と千歳をアジア経済の中心地に/ウェブリブログ Weblog: レイバン サングラス racked: 2013-07-06 04:34