テーマ:社会

外交問題と国民の不健康な熱狂について

政治、特に軍事や外交に関わることは、事が国家の存亡に関わることであり、又 個人の知識レベルが低くても(数学の問題とは異なり) 国の代表者の中に同じ方向の意見を、容易に見つけることが出来る。 その為に、自分の意見だけが正しいと勘違いする人が多くなる。  それだけならば害は少ないが、異なる意見を持つ人の人格を否定するようになると怖い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴーストライター騒ぎについて

佐村河内氏のゴーストライター騒ぎには, 不謹慎と言われそうだが、どこか滑稽で面白いところがある。(私自身作品を聞いたことが無いのだが。。) 今回の騒ぎで作品自体の評価が変わってしまうのはおかしい。作品の価値は作品そのものによって決まるものであって、発表までの経緯は関係ない。この作品を史上稀にみる傑作だと賞賛していたマスコミや評論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラック企業問題の本質

ブラック企業の存在が随分大きな問題として大きく取り上げられているが、どうもほとんどの議論が本質からはずれているように思える。 確かに彼らは困った存在ではあるが、そんなに悪い企業ならばさっさと辞めて、もっと良い企業に就職すれば良いではないか? と言ったところで、日本では、それができないから問題なのである。 欧米にはこの様な問題は存在しない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NY TImesの安倍首相批判

日本のマスコミは記者クラブという致命的な欠陥を抱えてはいるが、読売新聞においても又朝日新聞においても大半の記者は健康な職業倫理を持っている良心的な人達であると信じたい。 しかしながら日本の新聞の海外報道を伝える記事には誤りが多いことも確かである。これが記者の質の問題だけではなさそうなのが辛いところである。(30年前には、朝日新聞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本語が世界共通語になる可能性について(初夢)

日本語は難しくて海外の人にも敬遠されているのですが、英語、中国語にまけずに世界共通語になりえるポテンシャルがあります。理由は自在に外国語を取り入れる事のできる日本語の縦横無尽のフレキシビリティにあります。 英語と中国語を思い切り取り入れることにより世界語になる。。。 日本歴史の黎明期に中国文化が到来しました。この時の文化的衝…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心ー11 夢が実現したら

今までの夢物語が実現するとして、アジアの本社が何処から沖縄に移ってくるかである。 米国西海岸、上海、そして東京等であるが、ターゲットはなんといっても香港である。 香港は長い間、欧米企業のアジア本社の拠点としての地位を保ってきた。15年前に英国から中国に主権が移動したことにより、シンガポールに拠点を移した会社もあるが、一国二体制の約束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万死に値するという言葉の軽さ

”万死に値する“という言葉は狂的である。説明するまでもなく、一度殺すだけでは駄目で、一万回殺さなければ充分では無いという意味である。(唐の柳宗元が万死という表現を使っているが、これは必ず死んでしまうような境遇の事であった。) 国のリーダーが使用するのであれば、それを聞いた思慮の浅い若者が彼を(一回だけ)殺したとしても、”それで良い。“と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の拠点 10-The World is Flat

何故東京周辺には千五百万人以上の人口が集まっているのか、何故XX市には100万人が住んでいるのか? それなりの歴史的必然性がある。それでは2011年の世界の政治経済の状況から考えて現在の人口構成が理想的なものかとなれば、そうでは無く必ず理想と現状の間にタイムラグがある。正しい政治とは、そのタイムラグを小さくする、と言うよりも、将来の状況…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の拠点9:儲かる公共投資

公共投資が財政赤字を増やすという馬鹿な考え方は何時から定着してしまったのだろうか? 儲ける投資はいくらでもある。戦後の公共投資は決して無駄だったのでは無く日本の経済成長に大きく貢献した。問題は、第二次産業を中心とした高度成長が終了した後も同じところに投資していることにある。民間企業が投資するのは長期的に儲ける為である。何故同じ発想が出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心8:ボーダーレス経済

NYTImesのコラムニストのThomas Friedmanはボーダーレス化したビジネスを米国の政治家がちっとも理解していないと嘆いているが、それでは日本の政治家や官僚はどうか?論外です。尤も日本の企業の場合は言葉のハンディがあるので、ビジネスのボーダーレス化が遅れているということも言えるだろうしそれが競争力の低下につながっていることも…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心ー7 地政学的考察

世界地図を広げて、各国の大都市が何故そこにあるのかを考えるのは楽しいことである。 地形、気候、軍事、政治的な様々な理由が存在する。例えばシカゴは穀倉地帯である中西部の河川が集まるところである云々。そしてその必然性は歴史の変遷とともに変わってゆく。第二次世界大戦後にクーラーが普及したことにより米国の人口はサンベルトにシフトされるようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心ー6 北海道の可能性

英国や北欧には暑さに弱い人が多い。25度ぐらいの温度でもフーフー言って汗をかいていた同級生を思い出す。こんな人たちが良くインドやアフリカの奥地まで侵略できたものだと感心する。 彼らにとっては北海道の気候は理想的である。北欧やカナダを思い出すと言う人が多い。東アジアの中で、快適な夏を過ごせる100万都市は札幌だけである。もし千歳付近に1-…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心―5 賢い投資

日本には様々な観光スポットがあるが、外人観光客の数では韓国に完全に負けている。韓国がつまらない国とは言わないがこれは相当大きな問題ではないだろうか。 観光以外でも、この20年間の間に、インチョンは成田を追い抜いてはるかに大きなハブ空港となり、釜山は神戸と横浜を足したよりもはるかに大きな国際港となっている。それではどちらの国がより多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見捨てられた日本

石原慎太郎は”No”といえるJapanの時から信用できない政治家であると思ってきたが、今回の都知事辞任の会見での発言には(残念ながら)随分同感するところが多かった。 民主党が全く腰砕けになった”中央官僚支配からの脱却”は勿論だが、国家財政のバランスシートの開示については”その通り”と拍手してしまった。国家の資産を明示しないでおいて、負債…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

沖縄(千歳)をアジアの富の集積地にしようー4 中国企業の買収騒ぎ

最近になって中国資本が沖縄の土地を積極的に購入していることに対して、私の友人が 憂慮していた。これも日本人の鎖国意識の一例であると思う。この現象に問題があるとすれば、沖縄の戦略的・経済的重要性を自国民より外国人の方が理解して将来性を先取りしていることであって、この現象自体はむしろ歓迎することであろう。 日本国の市場を閉ざして、輸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄(あるいは千歳)をアジアの富の集積地にしようー3

3-4年前の事だがIT関係の展示会に、沖縄県のブースがあって工業団地の宣伝を行っていた。国内企業向けのものであったので、窓口の担当者に、”何故海外のメーカーをターゲットとしないのか?”と聞いたところ、“財務省が法人税について何もしてくれないから。”との回答だった。”何時も中央に依存することばかり考えないで自分達だけでも出来る事はあるはず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄(或いは千歳・苫小牧)をアジアの富の集積地にしよう-2 尖閣諸島

尖閣諸島の問題は頭が痛い。特に残念に思ったのはNYタイムズのコラムニストであるNick Christoph が、この問題について中国寄りの考えを表明していたことである。彼は東日本大震災の時に涙が出るほど心温まる記事を書いてくれた人である。彼の奥さんが中国人だからとは思わないが、彼の歴史についての視点は狭いと感じた。更に残念だったのはNY…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IAEAのレポートの内容

6月1日に発表されたIAEAの原発事故に関するInitial Reportについて、各マスコミの報道の割には政府担当が満更でも無い表情なのを不思議に思って読んでみた。ちょっと政府に好意的すぎる印象ではある。(特に現場の作業員に対する安全確保や住民の避難ついては違和感を感じた。私は専門家でないのでこれ以上のコメントは避けたいが、日本が大切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府のメルトダウン

今まで心ならずも菅首相をかばってきたような形になっていたが、保安院の中村審議官が更迭された理由が、彼が メルトダウンの可能性があることを発表した為に、政府を怒らせたからだとすれば、もう政府を弁護するすべはない。 素人が政治的な判断により専門家の見解に対して異議をはさむことは許されない。政府答弁で菅首相は中村氏の更迭には彼は関与していな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発の海水注入(続)藪の中

海水注入の遅れについて、政府はそもそも海水注入をしていることを東電から連絡を受けていなかったとか、斑目氏はそんな事は言っていない、とか何が何だか分からなくなってきた。ここで推測しても意味の無いことだが、東電が首相の質問を忖度して一時ストップしたということかもしれない。(そうなると東電の責任者の職業倫理の低さが残念ということになる。 野球…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

原発の海水注入の遅れに関する責任について

3月12日のメルトダウンの前に、海水注入が菅首相の指示で55分遅れたとのことである。報道は管首相の責任問題に発展することを仄めかしている。海水注入で再臨界の恐れがあるとの原子力委員会の意見に基づいて、菅首相が東電と原子力保安委員会に危険性について検討する様に指示をした為に、作業が一時中断されたというのだ。 これは純然たる技術的問題…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

医療が専門ではない原子力安全委員会が医療的判断をする不思議

そもそも東電と原子力安全委員会の担当者が、原発の安全性を理由として造血幹細胞の保存に反対していたのをTVの会見でみた記憶があるのだが、今になってその記録がみつからない。唯一みつかった産経新聞のレポートでは原子力安全委員会の反対の理由はむしろ医学的な根拠によるものである。 ところで原子力安全委員会の5名の委員 のうち医師は広島大学出身の久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

造血幹細胞移植に反対する日本学術会議の不可解な見解

4月25日に日本学術会議東日本大震災対策委員会が、万一に備えて原発の作業員の自家造血幹細胞を採取することは不要且つ不適切であるとの見解を発表した。先に原子力安全委員会が自家造血幹採取に反対した理由は、原発の作業環境が安全である(後注:現在はその様な理由は挙げられていないようである。)からというものであった。それならば何故首相は世界に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

作業員の健康対策を怠るのであれば、何故政府は原発の安全宣言をしないのか?

今回の大震災による被害の範囲が前例の無いものだっただけに、軽率に政府の対応に関して非難は控えるようにしていた。政府も必死であることは間違いないし、圧倒的な被害の前では、理想的な対策が行われたとしても、それでどれだけの成果を上げることが出来るのか全く判断がつかないからだ。但し、原発については、過去より現在に至るまで、安全に対する考え方に問…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

想定外について

福島原発を襲った津波が想定外の大きさだったと聞いて驚いた。300年に一回の大きな津波であったとしても、人生を80年と考えれば20%以上の危険率を想定していなかったのだ。原発の安全性は一万年に一回も事故が起こらないように考えられていたはずでは無かったのか。東電は数年前の柏崎原発の時も想定外だと言っていた。数年のうちに2回も想定外の事態が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災より一か月

東日本大震災が与えた衝撃は余りにも大きく軽率にコメントは出来ないのだが、心に思い浮かんだことを列挙してみる。 被災者援助や自然災害対策の今後の課題等の当たり前のことは除外するが: * 毎年3月11日は町や家の明かりを消して質素な食事を取る。犠牲者の方々を偲び自然の災害に対する心構えを忘れないようにするのだ。東北の3月11日は未だ寒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の危機的状況について

つくばにある研究所が測定したつくば市の放射能のデータが公表された。常に更新されている。 http://rcwww.kek.jp/norm/ つくば市は福島原発から166KM離れている。 東京からは50KM程度なのでここで異常値が発表されれば、東京都民は30分以内に家に戻る必要があると思う。(後述:勿論、風向きによっては先に東京に到達…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発4号機の危機:放射能が飛来する前に帰宅出来る準備を

2011年3月16日午前10時: 流言飛語の類ととらえられると困るが、信頼できる専門家の話では4号機がかなりの危機的状況に陥っているようです。 昨日よりも深刻な状況になっている。 コントロールが利かなくなっている。 水素爆発の危機です。4号機で大爆発すれば大量の放射能が放出することになります。 東京都民として最悪の場合を想定し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本アカデミーショーは田舎臭い

日本アカデミーショーの発表をTVでやっていた。 不思議な思いを感じるが、関係者は“日本アカデミーショー”というネーミングを恥ずかしく思わないのだろうか? (外国映画賞まであってアバターが最優秀賞だったが、もちろん米国では何のニュースにもならないでしょう。)とっくの昔に先進国になっているはずなのに未だに海外が本場で自らを場末と考える後進意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大相撲騒ぎの問題の本質

大相撲。最近、続々と衝撃的な事実が暴露されている。ところがこれらの多くは、実は昔から知られていたことなのである。今までマスコミが無視してきたのを一斉に騒ぎ出したのだ。そのきっかけとなったのは何でしょうか? 警察が動いたからです。日本人は権威筋が問題視しない限り、長い間続いた旧悪は無視するのです。今回の騒ぎで露わになった一番の問題は、日本…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more