テーマ:政治

沖縄のグローバル経済における価値と基地問題の解決

沖縄の基地問題は、日米関係や国防的観点のみで考えていては、解決は不可能でしょう。 もう少し立体的に 考える必要があると思います。 中国のナショナリズムの高まりと領土的野心に対する、国民の間に拡がる危機感を考えると、戦後主流となっていた"理想主義的な平和論”あるいは”対米従属の外交論” をもってしては解決は不可能でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外交問題と国民の不健康な熱狂について

政治、特に軍事や外交に関わることは、事が国家の存亡に関わることであり、又 個人の知識レベルが低くても(数学の問題とは異なり) 国の代表者の中に同じ方向の意見を、容易に見つけることが出来る。 その為に、自分の意見だけが正しいと勘違いする人が多くなる。  それだけならば害は少ないが、異なる意見を持つ人の人格を否定するようになると怖い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄の飛行場

普天間基地の面積は約 5km2である。同じく返還交渉の対象となっている周辺地域を合わせると約10km2となり、東京都中央区とほぼ同じ広さになる。ここにアジアの経済センターをつくりグローバル企業を誘致するべき(本当は普天間の跡地でなくても良い。)と言うのが当方の主張。 飛行場について調べてみた。データの年がバラバラなので正確とは言えないが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普天間基地問題の解決法2

前回の普天間についてのコメントについて:基地問題と経済とを混同している様に思われるかもしれないが、強調したい事は軍事的価値を一度経済的価値に転換して考えることで問題の解決の一助になるのではないかということです。 (但し、戦後今まで沖縄県民がしょってきた重荷を考えると、新たに沖縄に基地をつくることはやはりどうしても避けたい。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

普天間基地問題とシンガポール的経済拠点の建設

普天間の辺野古移設が具体化しだした。又政府は普天間基地跡地を、公共施設を含めた市街地として開発すると発表した。(東京新聞1月12日) 日頃から沖縄を(小)シンガポールとして東アジアの経済・文化のセンタにするべきだとの持論を持っている自分としては、良い展開では無い。今頃、沖縄に新たな軍事基地をつくってそれが沖縄、日本、米国にとって利益にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NY TImesの安倍首相批判

日本のマスコミは記者クラブという致命的な欠陥を抱えてはいるが、読売新聞においても又朝日新聞においても大半の記者は健康な職業倫理を持っている良心的な人達であると信じたい。 しかしながら日本の新聞の海外報道を伝える記事には誤りが多いことも確かである。これが記者の質の問題だけではなさそうなのが辛いところである。(30年前には、朝日新聞の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も続く鎖国とは

江戸幕府が鎖国をしたのは、キリスト教を利用したスペインの侵略から逃れる為であったと言う人がいるが飛んでも無い間違いだ。当時の日本は凄まじいエネルギーにあふれていたのであり、そのエネルギーが海外に膨張する事はあっても、海外から侵略される可能性は無かった。中南米の古代文明の段階であったインカ帝国とは全く異なるのである。宣教師を処刑されてもス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄と千歳はアジア経済の中心ー11 夢が実現したら

今までの夢物語が実現するとして、アジアの本社が何処から沖縄に移ってくるかである。 米国西海岸、上海、そして東京等であるが、ターゲットはなんといっても香港である。 香港は長い間、欧米企業のアジア本社の拠点としての地位を保ってきた。15年前に英国から中国に主権が移動したことにより、シンガポールに拠点を移した会社もあるが、一国二体制の約束…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

万死に値するという言葉の軽さ

”万死に値する“という言葉は狂的である。説明するまでもなく、一度殺すだけでは駄目で、一万回殺さなければ充分では無いという意味である。(唐の柳宗元が万死という表現を使っているが、これは必ず死んでしまうような境遇の事であった。) 国のリーダーが使用するのであれば、それを聞いた思慮の浅い若者が彼を(一回だけ)殺したとしても、”それで良い。“と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄(或いは千歳・苫小牧)をアジアの富の集積地にしよう-1

しばらくは、昔からの私の持論である沖縄/北海道(千歳・苫小牧)=アジアの経済の一大拠点の可能性についてt徒然なるままに述べてゆきたい。 日本の経済の長期低迷の原因のひとつとして、日本人が過去の成功体験から抜け切れない事があげられる。 輸出偏重・鎖国的国内市場である。科学的な視点で、自らの成功の原因が将来の成功に結びつくものかどう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデルとビンラディンの暗殺について

今(9月23日)NHKでサンデルの司会によりハーバード、東大、上海復旦の学生たちの間でビンラディン殺害が許されるかどうかの議論が行われている。 議論が始まって10分程であまりに馬鹿馬鹿しいてので切ろうとしたところハーバードのリチャード君から、”そもそもこれは戦争なのだから仕方がないのだ”と言うまともな意見が出てきた。サンデル教授もほっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家には大臣は務まらない。。。

松本復興相がどういう考えであの様な発言をしたのか真相は知らないが、彼のナイーブさのおかげで“霞ヶ関と地方の関係”がはっきりした形で国民に示されたのだとすれば良いことであった。キャリア官僚は表向きはあの様な威張り方はしない。松本さんは部下の日頃の言動を見聞きして素直に態度に出してしまったであろうか。 私が知っているのは10年前のこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本社会停滞の原因(政治編)

現在の民主党の惨状をもっとも簡単に説明しようとすれば民主党政権発足当時のワシントンポスト(October 2011 by John Pomfinet&Blaine Harder)の説明を引用するのが一番手っ取り早いかもしれない: The official, who spoke on the condition of anonymity…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

1967年のイスラエルとオバマ発言

オバマ大統領が、第三次中東戦争当時、つまり1967年時点の国境線をベースとして  イスラエルとパレスチナが交渉再開をする様に呼びかけた。もっとも、1967年の国境に戻れと言っているのでは無いのだから歴代の大統領の立場と大きく変わるものでは無い。但し、1967年の国境線という概念をはじめて表に出したこと自体が立派な決断だと評価したい。ビン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

官房機密費の問題と大相撲のスキャンダル

大相撲の好ましからざる体質についての報道はいよいよ熱を帯びてきた。そんな事は当たり前のことだと思っていたが、今まで知らなかったような報道ぶりには当惑すら覚える。 問題というならば、マスコミ自体が更に大きな問題を抱えているはずだ。内閣官房機密費が大物の新聞記者にも 流れていたという野中さんの発言です。テレビでは女の世話までしていたとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"愚かな首相”報道問題

たまたまMSNの産経新聞の記事を読んだら、ワシントン・ポストが鳩山首相のことを”不運で愚か”と酷評したとの記事があった。どうせ以前の読売新聞のごとく、でっち上げの記事では無いかと思いWashington postの記事を読んでみたら確かに鳩山首相に対して厳しい内容の記事ではあった。しかしそれにしても日本の海外駐在記者のレベルは低すぎる。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

明治以降の総理大臣

官僚と政権の関わりの歴史については、明治以降の歴代の総理大臣をみてみるとその変遷がはっきりとしてくる。 1885年―1918年 薩長の時代 初代総理大臣の伊藤博文から寺内正毅まで薩長出身の政治家・元老による権力の独占である。この時代に基礎を持つ(いわゆる次官会議など)官僚組織は勿論、怪しげで信用できない政党政治家では無く国家、当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の新聞は海外のニュースを正確に伝えていない

日頃から日本の大新聞が海外のニュースを自社に都合の良いように捻じ曲げて伝えていることについては残念な思いをしていたが、最近の対米外交については本当にひどい。 例えば、11月12日のYomiuri Onlineでは“日本は米国に冷淡”NYタイムズ紙、鳩山政権批判との記事がある。(日付も間違っている。NYタイムズの記事は11日付である。)…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米国の政治的南北問題

米国の経済学者であるMatthew Yglesiasさんのブログに、昨年の大統領選挙時、白人の何%がオバマに投票したかを各州毎に示した地図が載っていた。 マサチューセッツやカリフォルニア等のリベラルが強い州では50%以上の白人がオバマに投票している(もっともヒスパニックの多くは白人のカテゴリに入っているはず)が、南部のアラバマやミシシッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立花隆の自民党論について

選挙結果について立花隆が週刊文春に緊急寄稿しているが、期待はずれで少し残念。 “自民党の賞味期限は小泉政権の前に終わっていたのかもしれない。”との菅義偉氏の言葉に妙に感心しているのだが、それほどの卓見とも思えない。賞味期限が切れたのはもっと以前であり、むしろ1993年に退陣した宮沢喜一が“徳川慶喜”になるべきであったと思う。 又…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

敢えて民主党を支持する

8月30日は選挙の日。 民主党に対する不満はいくらでもあるが、それでも民主党を支持する理由は、唯一点、”官僚支配からの脱却”にある。 戦後(あるいは明治)から続いてきた官僚支配体制を壊すには政権交代しかないでしょう。良心的で善良な官僚は大勢いるが、彼らとしても上から国民を善導するというメンタリティから離れられていない。 彼らは時々、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良い官僚は大臣にすれば良い

民主党がマニフェストに掲げている次官会議の廃止にについて、古川元副官房長官が、このシステムは明治時代から続いており日本の行政に不可欠なものであると反対している。 (明治時代のシステムがそのまま続いているから問題だと考えるほうが自然だと思うが。) 又民主党が100人以上の議員を政府に送り込む方針であることについて、歴代の総理に仕え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

"国家の罠”を読む

佐藤優の「国家の罠」を読む。 彼の集中力と仕事に対する熱意は凄い。西村検事との友情に共感する人も多かったのではないだろうか。感想を少し: 西村:しかし法律はもともとある。その適用基準が変わってくるんだ。特に政治家に対する国策捜査は近年驚くほどハードルが下がってきているんだ。 僕らには適用基準を決められない。時々の一般国民基準で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政治家を顔で判断してはいけないが。。

人を見かけや印象で判断してはいけない。全く意味の無い事ですが:十数年前に自民党の大物政治家であるM氏の馬鹿面をみて、こんな人が総理大臣になったら日本もおしまいだろうと感じた。ところが数年後に本当に首相になってしまった。 同じ頃、当時から実力者と言われていた古賀氏があまりにも悪党面なので驚いた。最近の東国原知事の擁立問題での彼の対応をみて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋に豚インフルが襲いかかる!

日本では豚インフルは半ば忘れられているが、メキシコでは患者数が再び増加しだした。又 英国の厚生省は、最悪のシナリオでは8月末までに患者数は一日に10万人罹患すると警告している。 一日10万人とは幾らなんでも多すぎると思うがそれだけ警戒していると言うことだろう。 日本も心配である。 豚インフルも心配だが、もっと心配なのは、わが国民の熱(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳩山更迭

鳩山総務相が更迭された。自分から辞めた様なものだが、ちっとも格好良くない。 残念なのは、何故西川氏が日本郵政の社長として相応しくないのか、彼が詳しい説明をしようとしないことだ。 とことん議論をして、とことん説明をして、議員や国民に納得してもらう。これが民主主義国家における政治家の責務であるはずだ。ところが説明するどころか正義がどうとか自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

党首討論の憂鬱(西松問題)

5月27日の麻生首相と鳩山党首の討論を伝えるニュースを聞いてなんだか寂しくなった。 程度が良いとか悪いとか言うのではないです。 西松建設のことです。鳩山党首が、”この様なことは自民党の誰もがやっていることなのに立件されていない。民主党の秘書が逮捕・起訴され、他方では自民党の方はおとがめなし、で良いのか?”と言う内容の発言をした。 小沢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二世議員の問題

二世議員を制限する動きが出てきたこと自体は良い事ではある。 但し自民党の二世議員も選挙で当選してきたのであるから、その様なことが今までは国民に支持されてきたと言う事実を忘れてはいけない。国会議員が死んだら奥さんや息子や娘が後を継ぐ。それを選挙民は熱狂的に支持する。以前(本棚―10)にも指摘したが、二世議員を持つ事で戦後の自民党政治がスム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more