原発の海水注入(続)藪の中

海水注入の遅れについて、政府はそもそも海水注入をしていることを東電から連絡を受けていなかったとか、斑目氏はそんな事は言っていない、とか何が何だか分からなくなってきた。ここで推測しても意味の無いことだが、東電が首相の質問を忖度して一時ストップしたということかもしれない。(そうなると東電の責任者の職業倫理の低さが残念ということになる。 野球チームの監督がオーナーから先発ピッチャーは彼で大丈夫か?と質問されてピッチャーを変えた為に、試合に負けたとして監督がオーナーに責任を転嫁できる訳ではあるまい。) 


一切の推測をやめたとして、首相が”海水の注入は危険じゃないのか?”と聞くことの、どこが悪いのか? 素人のボスが余計な質問をすることにイラつく専門家の気持ちも分からないでも無いが、質問されたことに確答が出来ないで調べているようでは、質問したことが正しかったことになる。(海水注入が安全と言うのは後知恵だろう。後知恵を
根拠に人を非難することは愚かである。)

そもそも政府が指示をしたとか何とか言っているが、素人の政治家に技術的判断が出来るはずが無い。彼らに判断をゆだねられているのは政治的なことである。 例えば民間企業の東電が採算を気にして必要な行動を逡巡した時とか緊急対応の為に自衛隊の方々に危険な職務を命令する時である。 技術的なことを指示するのは原子安全委員会とか保安委員会のはずだが、彼らが全く頼りにならなかったことが日本の不幸であった。 
 
色々と不満はある(否、不満だらけである)が(政府)関係者は現在でも原発の安全確保の為に必死に働いていることは確かである。 又現場の作業員の方々には心からお礼を言いたい。ところが閣外協力すると言っていた自民党の先生たちからは、過去の反省も含めあまり建設的な意見は聞かれない。 戦争中の司令官を馬鹿とか万死に値するなどと言うような人は早く政界を引退して頂きたい。 今は働いている人にケチをつける時ではない。この醜悪な無能はどこからきているのか?

自民党の中に組織運営のノウハウを持っている人は大勢いるであろう。現在は、要領の悪い民主党政府に色々とアドバイスをするべき時である。国の為である。

勿論、原発の問題が落着した後(恐らく来年になるだろう)、原発の問題について徹底的な検証が行われるべきである。その場では菅首相も過去の政権も原子力安全委員会も徹底的に調べ上げられるべきである。 イラク戦争に同調したブレア元首相が同じ労働党政権の時に徹底的な調査を受けたように(いや、それ以上に厳しく)。 しかし今はその時では無いはずだ。




この記事へのコメント

Zero
2011年05月25日 00:04
「醜悪な無能」素晴らしい表現です。

この記事へのトラックバック